会社で使用しているパソコンはほぼ私用でも、本来は共用でサーバーも共用なので様々な危険性があります。

PCのメモリ不足はレンタルサーバーで解決

PCのメモリ不足はレンタルサーバーで解決

会社などの組織で使用しているパソコンとそのサーバーについて

会社ではほとんどが一人一台パソコンが用意されていて、それを毎日使って仕事をしています。パソコンでは仕事で必要なデータの他にも、使用で使ったデジカメのデータを少しいれたり、休憩時間ともなればそのパソコンでインターネットに接続してニュースを見たりします。ほとんど自分しか使用しないパソコンで、一見自分専用のものであるようですが、そのパソコンみな会社のサーバーに接続していて、うっかりすると会社のすべてのパソコンにつながりうるものです。何の問題もないページを閲覧している分には危険性はないかもしれませんが、もし仮にウイルスに感染してしまったり、そのようなファイルをダウンロードしてしまったら、どうなるでしょうか。

会社のサーバーにつながっている他のパソコンにまで感染が広がり、結果、社内のパソコンすべてが感染してしまうのではないでしょうか。また、それぞれのパソコンのメールを介して取引のある業者やお客様にまでも感染が広がってしまうかもしれません。そうなってしまうと仕事どころではなくなってしまうでしょう。そおため、セキュリティソフトが入れられ、常に監視がされていると思います。でも、ネットワークに接続されていなくても、最近はUSBのメモリーを介しておウイルスもあると聞きます。この場合、その場でインターネットに繋いでいなくても感染してしまうと思います。USBメモリーを接続するということは、外部からの何かしらのファイルを入れるということで、必ずしも仕事関係と限らず、うっかり、ということがありそうです。常に個人で使用している事から、起こりうることですが、常に危険性があると思います。